1
活用事例 お客様の声
Bさん夫妻(夫70歳、妻60歳)
晩年を新しいパートナーと過ごす
相続対策:不要となる家
BさんとEさんは、お互いの子どもたちの成長と理解を待って、この度結婚することになりました。それぞれ持家があるので、その一つは不要になります。また、将来、相続に関しても複雑になりそうなのが気がかりです。
Tさん(男性81歳)
相続税の納税対策と、終の棲家を確保
相続対策:納税手当て
相続税における配偶者控除枠は、法定相続分または1億6千万円のいずれか多い方まで、とかなり優遇されています。しかし、その配偶者に先立たれた方は、相続対策待ったなしです。Tさんもそんなケースでした。
Mさん(男性38歳)
相続時、小規模宅地の特例を活用したい
相続対策:節税準備
都内にある実家を相続予定。ただ、自身名義の家があると、小規模宅地の特例が受けられません。 このままでは多額の相続税がかかりますし、せっかく買った今の家にも住み続けたいと思っています。
リースバック情報