1
活用事例 お客様の声
Aさん(男性41歳)自営業

税金滞納による差押えを解除したい

債務整理:差押え解除

一時的な資金繰りが尾を引いたため国税を滞納し、自宅兼仕事場が差し押さえられたAさん。このまま公売で不動産が処分されてしまうと、仕事も自宅も失うことになります。
状況
個人事業主です。仕事はまずまず順調なのですが、取引先の資金ショートをきっかけに自身の資金繰りがうまくいかない時期がありました。その間、国税を滞納してしまっていて。とうとう自宅兼仕事場に差押通知が入りました。本税だけではなく、未納にしていると、高率な延滞税のために債務が膨らみ続けます。そんな状態では不安が募り、仕事にも身が入りません。仕事も家族の生活もこの拠点があってのもので、失ってしまえば文字通り一家が路頭に迷うことになります。将来が不安なあまり妻からは離婚をほのめかされ、「俺だってこんなに努力しているのに、国はなぜ俺の家族も財産も奪うようなことをするのだ!」と憤り、一時は自暴自棄になりかけていました。
結果
今の現状を打破しつつ、環境を変えない方法はだた一つ、リースバックを活用することでした。結果、税金はすべて納付しました。税金を未納にしていると、これほど厳しい対処があるとは知りませんでした。公売の取り下げを優先し、手許現金を多く求めませんでした。その分家賃も手頃ですし、買戻す金額も抑えられるので一石二鳥です。家族にも笑顔が戻りましたし、一日でも早く買い戻せるよう以前にも増して仕事に打ち込んでいます。本当にほっとしました。
リースバック情報